SF・ファンタジー

ライフのネタバレ感想と考察 ISSの孤立感の演出を失敗した理由

解説

「デンジャラス・ラン」の監督ダニエル・エスピノーサによる2017年のSFホラームービー。主演は「ブロークバック・マウンテン」「ゾディアック」などで知られるジェイク・ギレンホール。元軍医でシリアに赴任した際に目の当たりにした悲惨な状況により争いを起こす人類に失望した医師を演じる。

現在の国際宇宙ステーション(ISS)を舞台に6人のクルーが火星から回収した未知の生命体が次々と襲われながらも未知の生命体から地球を守るため奮闘する緊張のSFホラー。しかしこの映画の特徴は登場人物の人間性をうまく演出しておりクルー達に愛着がわく要素が強いところだろう。未知の生命体に襲われるところは地味とも言えるがよく言えばリアルでいわゆる「馬鹿らしい演出」がないところも評価のポイントではないだろうか。

「ライフ」というタイトルどおり登場人物の背景や人柄や生命そのもの重点をおいたテイストにより恐怖のシーンはホラーというよりサスペンス的なしっとりした印象を受ける。エイリアンものとも言えるがヒューマンドラマ的要素が強めなのでSFが苦手な人も楽しめるのではないだろうか。

あらすじ

国際宇宙ステーション(ISS)のクルー6人は宇宙ゴミと衝突して軌道を外れていた無人火星探査機 ”ピルグリム” の回収に成功し “ピルグリム7 計画” を続行していた。そして”ピルグリム” が回収していた火星の土のサンプルから活動停止した微生物のような生命体が発見される。

“カルビン” と名付けられた未知の生命体は環境を変化させていくと活動を始め植物のような形へと育っていった。カルビンがさらに成長しヒトデのような形へとなっていた25日目、点検ミスによって事故が起こりカルビンの動きが停止してしまう。

生物学者は電気ショックでカルビンを復活させルことに成功したがカルビンに右手を握りつぶされてしまう。そして意識を失った生物学者を運び出すためラボに入ったエンジニアもカルビンに襲われついに犠牲者がでる。ラボを隔離しようとするが凶暴性が確認されたカルビンは消火用のスプリンクラーの中に逃げ込んでしまいISSのどこへでも行けるようになってしまうのだった。

キャストの紹介

デビッド・ジョーダン
(ジェイク・ジレンホール)
元軍医でシリアへ赴任した経験をもつアメリカ国籍の医者。シリアで経験した内戦やテロにより争いを起こす人類に失望している。

ミランダ・ノース
(レベッカ・ファーガソン)
親身にクルーの診察もする疫病対策センターの検疫官。

ローリー・アダムス
(ライアン・レイノルズ)
アメリカ国籍の航空エンジニア。ヒューと親友。

ショウ・ムラカミ
(真田広之)
日本国籍のシステムエンジニア。終始落ち着いていて冷静な判断ができる人物。

ヒュー・デリー
(アリヨン・バカレ)
イギリス国籍の宇宙生物学者。足が不自由で地球では車椅子をつかっている。ローリーと親友。

エカテリーナ・“キャット”・ゴロフキナ
(オルガ・ディホヴィチナヤ)
今回のISSでの “ピルグリム7 計画” の司令官。軍人のように強くたくましい女性。

カメレオンとヘビのネタバレ感想

愛着がわく登場人物

元軍医である医者のデビッドはシリアへ赴任したときの光景により争いを起こす人類に失望し自ら志願して長期のISS滞在をしていた。疫病対策センターの検疫官であるミランダは何か問題を抱えるクルー達に親身に偽りなく向き合っている。足の不自由な生物学者ヒューと親友の航空エンジニアのローリー。落ち着いた判断ができるシステムエンジニアのショウに頼りになる司令官のキャット。まさに家族のようなクルー達で “ピルグリム7計画” を遂行していた。

ヘビ
ヘビ

クルーが小さい頃にチャレンジャー号爆発事故を見てたって話をしてたから、おおよそ現代の設定ってことでいいんだよね

カメレオン
カメレオン

そんな感じだろうね。地球の街並みも未来チックではなかったし

カメレオン
カメレオン

しかしこの映画はなんか寂しげな印象があったなあ。ライフっていう題名だけに登場人物の性格とかをすごく詳しく印象づけてる感じがあったね

ヘビ
ヘビ

そうだね。ジャンルではSFホラーとかにされそうだけどヒューマンドラマぽい感じになってる。エイリアンの演出も過剰なものがないし。スウェーデンの監督だからかハリウッド的な盛り上がり方をしないし

カメレオン
カメレオン

SFホラー嫌いな人がジャンルだけで避けてしまいそうでもったいない感じの映画だ

ヘビ
ヘビ

ぎゃああああ!!!とか、うわあああ!!!とか、ハラハラする系の映画じゃないもんね

カメレオン
カメレオン

しかしカルビンがどこから現れるかわからないのにドキドキ感があまりない

ヘビ
ヘビ

そうそう。カルビンがたまに近くをスーッと通ったりするんだけど、みんな当然のような顔してるし

カメレオン
カメレオン

フランス映画みたいに本人のナレーションが入りそうな感じがするぐらい

ヘビ
ヘビ

SFホラーのふりをして実は人間性に重点をおいてて不思議な映画だね。「ダークナイト」を思い出すような感じだった

カメレオン
カメレオン

クルーのトラウマが人格のベースになってたり幼少のエピソードがでてきたりして登場人物に愛着がわく仕上がりにはなってるね

ヘビ
ヘビ

女司令官のキャットは立ってるだけで威厳があるようでカッコよかった


カルビンを撫で回す科学者

世紀の発見を果たしたヒューはカルビンを我が子のように可愛がっていたが ”ピルグリム7計画” の25日目にラボの点検ミスの事故によりカルビンは活動停止してしまう。ヒューは電気ショックでカルビンを蘇生させるが右手を握りつぶされてしまう。未知の生命体は危険なものだった。

ヘビ
ヘビ

ヒューが仕事をしないでカルビンをなでまわしてばっかり

カメレオン
カメレオン

なんか組織を取って分析したりとかしないのかねw ゴム手みたいなの越しとはいえ触接手でいじくってるし。あいつは手で撫でるのが仕事なのか?

ヘビ
ヘビ

直接じゃなくてロボットアームみたいなものとかでやらないのかなw

カメレオン
カメレオン

ヒューが有能な科学者だと印象付けるシーンがないんだよねかわいそうに。無邪気に科学を追求する純粋な人だっていうのはギリギリ伝わるけど

ヘビ
ヘビ

しかしやっぱりなにかあると船外からの修理になるんだね

カメレオン
カメレオン

あれいい加減内側から修理できるようになんないかなとは思うよねw 宇宙空間に出ることになるから映画としては緊張感があっていいんだろうけど

ヘビ
ヘビ

納品業者が「えーこういった事態の場合は、まずは宇宙服を着て外に出ていただきましてー」とか説明すると思うと面白いよねw

カメレオン
カメレオン

できれば中から修理できる構造にしたほうがいいよねw

ヘビ
ヘビ

ヒューとローリーが「イギリス人め」「アメリカ人め」ってじゃれあうシーンがあったけどすごい人種差別に配慮しすぎた感じになってたね

カメレオン
カメレオン

ひと昔前だったら黒人いじりのところが国籍でいじってたからね「イギリス人はシャワーを浴びない」とか言って。今は人種差別問題をジョークにできないんだろうけどすごい違和感があったよねw

ヘビ
ヘビ

「薄汚いアメリカ人め」とか言わないで肩パンチでもしあってくれた方が自然だったんじゃないかな

ヘビ
ヘビ

この流れで言うと悪く取られるかもしれないけど、ヒューがカルビンに足を食べられて黒人の顔色が悪くなるメイクがすごくよかった

カメレオン
カメレオン

危ないなあ、皮膚の色の話じゃないか

ヘビ
ヘビ

いやそうなんだけどそういう意味じゃないんだw 日本人からすると黒人は顔色がわかりにくいけど、メイクのおかげでものすごく顔色が悪く見えたよねと言いたかった

カメレオン
カメレオン

そうだね蒼白だったもんね。何色を塗ってんのかわかんないけどメイクってすごいなと思ったね

ヘビ
ヘビ

何言っても危ないことになりそう

カメレオン
カメレオン

ちがうんだけどね

ISSの孤立感の演出を失敗した理由

カルビンの隔離に失敗したISSに最終手段を下しに来たロシアのクルーまでもカルビンの犠牲となってしまった。生き残ったクルーは人類にとって危険だと判明したカルビンを地球に入れないため自らを犠牲にする。

ヘビ
ヘビ

この映画はやりすぎな演出がないというかよく言えばリアルというかなんかこうパンチがないのが残念なところだったね

カメレオン
カメレオン

最初の方で地球との交信の演出が薄いから後に通信が遮断されて孤立された状態の中、クルー6人だけでエイリアンに立ち向かうっていう孤立感がないんだよね。子供の質疑応答とか出産とかほのぼのと見せてる場合じゃない

ヘビ
ヘビ

「こちらヒューストン」みたいなとことやりとりがなかったもんね

カメレオン
カメレオン

そう。ミッションコントロールセンター(MMC)とのやりとりがあれば大勢が関わるプロジェクトの中で通信が遮断されて孤立された感がでるはずなんだ。でもそういうシーンがないからISSのクルーが自分たちだけで勝手に頑張ってる感じしか出ない。本当はMMCがクルーを動かしてるはずなんだけど

ヘビ
ヘビ

たしかに通信が遮断されたってときの絶望感がなかったね。まるで最初からここにいる6人だけでやってるフリーランスの会社のようにw

カメレオン
カメレオン

ロン・ハワードの映画「アポロ13」でのMCCのシーンは人数が多くて一大プロジェクトなんだなという印象を一発で植え付けられた。あれぐらい大勢の人間との通信が遮断されたら相当な孤立感がでるのに残念。ショウの赤ちゃんが生まれたってシーンは地球と通信してるけど、ISSが地球から孤立する前振りとしては弱いよね

ヘビ
ヘビ

あのシーンは出産というプライベートな空間だから逆にクルーが好き勝手にやってる感じが強調されるだけだったね

カメレオン
カメレオン

「隔離失敗時に最終手段でISSごと宇宙の彼方に移動させる事を承認する署名だけでも腕の長さがある」とか言って唐突にビッグプロジェクト感を無理やり押し付けてきたけど時すでに遅し

ヘビ
ヘビ

しかし真田広之を起用しておいて刀ひとつ持たせないとかなんなんだか

カメレオン
カメレオン

いや真田広之だけど宇宙飛行士役だからw たしかに手刀とか正拳突きぐらいは期待してたけど。カルビンを刀で真っ二つにしたところで死ななそうだけどね

ヘビ
ヘビ

2個体に分裂しただけになりそうだよね。しかしショウはカルビンを道連れにすることもなくあっけなく死んじゃったね。主人公の役者に疎まれるぐらい存在感を出すのかと思ったけど

カメレオン
カメレオン

なかなか「ラストサムライ」のようには上手くいかないね。他のクルーもみんなあっけなかったし。最初のローリーがカルビンに襲われるところはドキドキした感じがあったけど後はなんかみんな淡々と死んでいく

ヘビ
ヘビ

閉鎖されて孤立された宇宙空間のISSの中で未知の生命体に殺されていくって言うのに

カメレオン
カメレオン

ヒューの発信機を飲み込んでカルビンの位置がわかるようになってもあまり変化がなかったし

ヘビ
ヘビ

あーあそこはそうだねSFエイリアンものだと位置さえわかれば一気にクルーの生存に希望がわいて地球帰還も夢じゃないぐらいになるシーンのはずなんだけどね

カメレオン
カメレオン

逆にやりすぎがなくてリアルとも言えるのかな。実際人間なんていざとなったら無力だって演出ってことにすれば。実際ラストがハッピーエンドじゃないしリアル志向なのかもわからんね

ヘビ
ヘビ

無事帰還したとしても未知の生物と接触したミランダは隔離されて研究されてこれから大変だなと思ってたらデビッドと愉快な仲間たちかい!!ってなったね。予測しなくはないラストではあったけど

タイトルとURLをコピーしました