ホラー・パニック

ミッドサマーのネタバレ感想と考察 辺境の宗教の村が舞台だけど宗教がテーマではない映画。それどころかまさかホルガ村はダニーの頭の中なのか

やあヘビだよ。
今回は2019年アメリカとスウェーデン制作のホラー映画「ミッドサマー」の感想。


アメリカの大学生ダニー双極性障害の妹に両親を道連れに無理心中されて心に深い傷を負っていた。
実はこのことが起こる前から別れたがっていた恋人のクリスチャンは完全に分かれるタイミングを失ってダニーに寄り添うしかなかった。

スウェーデンからの留学生ペレの故郷ヘルシングランド地方にあるホルガ村で90年に1度の大祝祭が開かれるとのことでクリスチャンたちはホルガ村出身のペレ、文化人類学を研究するジョシュ、スウェーデンで羽目を外したいマーク、の男だけ4人でホルガ村を訪れる計画を立てていたがダニーにばれてしまう
気まずくなったクリスチャンはあんな事があったしまさか来ないと思い仕方なくダニーを誘うとダニーは参加するという。
クリスチャンは仲間たちに負い目を感じながらも渋々ダニーを入れた5人でホルガ村へ向かうことになる。

途中でペレの幼馴染イングマールとイングマールがロンドンから連れてきたカップルのサイモンとコニーの3人と合流してホルガ村に着くとそこは自然豊かな楽園だった。
村人は笑顔で迎えてくれ一行は辺境の美しい村の生活を堪能する。

翌日アッテストゥパンという儀式があるからと崖の下へ皆が集まった。
静寂の中崖の上を眺めていると老人が上から身を投げて絶命する。
「なぜ皆だまって見ているんだなぜ止めないんだ」
サイモンは激しく村人を非難した。
ホルガ村では72歳になると終焉をむかえてその魂は新しく生まれる命へと循環すると祭司が説明するもサイモンの興奮は収まらなかった。
翌日もうここにはいられないとサイモンとコニーは帰路に就くはずだったがサイモンが消えていた
村の長老はサイモンは一足先に村人が駅へ送って行ったと言うが
自分を置いていなくなるわけがないと不審に思い狼狽するコニーはひとり徒歩で駅に向かおうとする。


この映画は辺境の独自の信仰がある村が舞台になっている。
緑豊かな自然を大事にし家電なんかとも縁のない生活はまさに楽園映像も美しい
こんなとこでこれから怖いことが起こると思うとホラーファンのヘビはワクワクが止まらなかった。
辺境の明るく美しい自然の村で笑顔でやさしい村人たち。そんな中での狂気はどんなに際立つことでしょう。いいですねえすばらしく怖いですねえ。

そして話が進むに連れてこの手の映画にしては珍しい印象を受ける。
このジャンルのホラー映画は辺境の村人が身勝手な信仰によって主人公たちを手にかける。みたいなのが多いけど、この映画では訪問者側の無礼な振る舞いが目立つもんだからホルガ村と訪問者のどっちにも同情したりどっちも憎んだりすることになる。

そんなカルト宗教ホラーにしての珍しさこの映画のメッセージについて考えてみようと思う。

身勝手な信仰の親切な村人と独自の信仰を土足で踏みにじる無礼な訪問者

辺境独自の信仰モノで真っ先に思い出すのが「ウィッカーマン」。
ヘビは1973年の方は観たことがないから2006年リメイクでニコラス・ケイジ主演の方しか知らないけど。
あとは2017「ザ・リチュアル いけにえの儀式」とか
いずれにせよこの手のジャンルの映画では辺境の人たちは邪悪で薄汚く意地悪で、主人公に自分を重ねながら邪悪なカルト団体による攻撃を体験するようなものが多いと思う。
ところが「ミッドサマー」ではホルガ村の人たちはにこやかで優しく自然を大事にしながら生活している。

無礼な訪問者たち

主人公たちが無礼な振る舞いをすることで村人たちが正しいのではないかという感情すら起こってしまう。
北欧で羽目を外すのが目的だったマークは予想以上にバカだった。
聖なる木に小便をかけて怒られたときに、ペレがあれは聖なる木だと教えられても
でも枯れ木だぞ?
おいおいどこまで観客に憎しみを作る気なんだ。村人に殺されればいいのに (ホラー映画的な意味で)

アッテストゥパンの時に大声で儀式を非難したサイモンは何様のつもりなんだ。訪問先の儀式をみて「狂ってる異常だ」と罵るとかどういう神経してるんだすごいヤツだな。村人に殺されて目に花を詰められればいいのに (ホラー映画的な意味で)

ダメだと言われたのにこっそり聖なる書ルビ・ラダーの写真を撮りまくるジョシュ。
匿名ならここの儀式を論文にしていいよまで言ってくれたのになんたる無礼者。村人に殺されればいいのに (ホラー映画的な意味で)

そして何よりびっくりしたのがクリスチャン!!
聖なる木に小便をされて激高しすぎて具合悪くなってるウルフをみてナチュラルに笑ってやがる
なんてナチュラルなんだNGシーンかのようにナチュラルに笑ってやがる
アレが台本通りだとしたら大した演技だ名優だ。
序盤のダニーに不幸が起きて別れるタイミングを失ったクリスチャン大変だなあという同情の気持ちが全部吹き飛んだ
クマの皮に入れられて焼き殺されればいいのに (もちろんホラー映画的な意味です)

自分を重ねてホルガ村での出来事を体験するはずの主人公たちがあまりにも行儀が良くないために主人公側に立って村人を敵視できないという珍しい気持ちになった。

外部に関心のない澄んだホルガ村の人たち

ホルガ村の人たちは基本親切でやさしい印象を受ける。
文明から離れて自然の中で自然のものを食べているから精神にも良い影響を与えている感じにも見える。
ペレの両親が亡くなって孤児になっても村全体が一体となっているホルガ村ではみんながペレを育ててきたそうだ。
長老たち以外は純粋に生活を営んでいるだけのように見える。
そして喜びも悲しみも共に分かち合うというか共感、いや、ダニーを囲んで一緒に嘆くところは共鳴という感じの不気味さはあったけど感情の波長さえ合ってしまえばこれもまた心強いのではないかと思える。
良い意味でも悪い意味でもよく教育されているんだろう。
私を外の世界へ連れて行って!なんてキャラがいてもおかしくなさそうだけどいなかったし。
最初から訪問者は皆殺し前提だから連れてってもなにもないわけだけど信仰を疑う村人は登場しなかった
長老の教えに重きを置いて統率村人は疑いなく自分のやるべき生活を営むというすごく良くバランスのとれた小さなコミューンの中で暮らすというのもアリなんじゃないかと思った。
知りすぎないのはきっと幸せだ

いくらなんでもホルガ村が崩壊するのも時間の問題

この現代において人を連れてきては命を神に捧げるというのは続かないよねえ。
ホルガ村の人口の少なさからして外部の人を連れてきた交配も90年に1度なのかもしれないけど、それでもこの村にやってきた人が全員行方不明になるわけだからそのうち捜査の手が入るだろう。

独自の信仰を辺境のコミューンで行うのは自由だけど、法律のある外部の人を連れてきて殺すというのはやっぱり身勝手で許されない行為だと思う。
儀式の形を変えることによって習慣として残ってる信仰のように生贄は人形にしてみてはどうか。
外部の人を連れてきた交配だって連れてきて殺すんじゃなくお見合いツアーみたいなのをを組んでみたらどうだろうか。
自然豊かな美人がいる村でマジックマッシュルームを食って優雅に過ごすツアー。
そして美人たちと交配を、、、フヒヒヒ

意図的な近親交配で賢者をつくるってのもとんでもないことだよねえ。
意図的に障害を持たされて生まれてくる本人の気持ちはどうなるだろう。

いや、そんな考えこそが自分の文明の尺で物事の善悪を決めつけ罵るサイモンそのものになってしまう。

近親交配をさけるための代償

辺境のカルト信仰が舞台の映画だけどテーマとしてはカルト信仰についての賛否ではなかったところがすごく面白かった。
それは一方的にホルガ村の悪い儀式だけじゃなく人々は親切で悪意がない表現があったし、訪問者側は悲劇の人たちってだけでなく無礼で身勝手な振る舞いをする人物の表現があったことからも明らかだと思う。

ホルガ村に対しては自然崇拝で外部の雑音から離れて疑いなくのどかに暮らす生活。
ただ一つ近親交配の問題を避けるためやむなく外部から人をさらってくる。
ペレやイングマールのように外から連れてくる役割で外部で生活をする人物がいるから生贄の行為は外の世界では良くない事だとされているのはわかっているはずだだから秘密が漏れないように訪問者は殺すしかない
それを長老たちがこれこれこういう意味を持った儀式だよ聖なる書ルビ・ラダーに書いてあるんだよと教え、村人は純粋に従う
仮に外部の人がそのままそのホルガ村で生活するとしたらホルガ村と外部を行き来するようになるだろうし、村人は外の世界の事を知って信仰に疑いをもつ者もでて絶妙な統率のバランスが崩れてしまうだろう。

ダニーの笑顔は安堵なのか狂気なのか

ラストのダニーの笑顔は何を意味したのか。
ダニーはクリスチャンが自分のことを愛していないと気付き始めたうえにホルガ村で過ごすうちにクリスチャンへの自分の愛すら疑ってしまった
そして最後の選択でクリスチャンを生贄に指名してしまう。
小屋が激しく燃えていく光景を目の当たりにして取り返しのつかない過ちに耐えられなくなったダニーは完全に自己崩壊してしまったのではないだろうか。
そして崩壊することによって家族を亡くしたことへの自責の念や恋人の事すべての苦悩から解放された。
崩壊してゼロになり新たにホルガ村の一員として生まれ変わったのではないか。

いや、

もしかして

そもそもホルガ村に着く前にマジックマッシュルームティーでバッドトリップして森の中で気絶してからずっと夢を見ているのかもしれない。
もしくはもうダニーはあの時すでに肉体から解放されているのかもしれない


あくまでも個人の感想です。みんなはどう感じたかな?


タイトルとURLをコピーしました